2011
08.12

青黒フェアリー、襲来

Category: MTG
 盆休み、地元に戻り友人の新デッキと対戦。
 前に紹介した黒使いのバリさん、今回の新作は青黒フェアリーということでかなり本格的な出来と聞かされていたが、予想してたのよりかなり上を来られた感じ。霧縛りの徒党やヴェンディリオン三人衆もそうだが、謎めいた命令4枚・苦花4枚・変わり谷3枚はホントによく集めたもんだと言いたい。カジュアルでやったら仙台の大会準優勝者に勝てたらしい。もう別世界の話に聞こえてきますね(゚∀゚)

 そんな超ガチデッキに対し、こちらはいつもの安レアデッキ。以下フェアリーとの対戦録↓

・vs秘儀デッキ
 カードを公開して効果を追加する連繋の性質上タネになる呪文は往々にして1・2マナのものが多く、呪文づまりのスプライトとの相性は悪いどころじゃない。完封負け。


・vs輝く根本原理デッキ
 大量マナから使いたいカードを好きなだけ使うという自分の大好きな種類のデッキ。重いカードの比率がとても高いためスプライトに邪魔されづらく1体でも召喚出来ればサイズで有利と、新参のデッキながら今回の対戦で数少ない好成績をおさめたデッキ(まあ1回はサービスで勝たせてくれたようなもんだが)

 1回目の輝く根本原理で輝く根本原理がさらにもう2枚めくれた時、迷わず2枚とそれ以外の山に分けるバリさんの判断力は特筆もの。


・vs赤緑ヴァラクート
 地盤の際でヴァラクートを壊されマナばかり大量、タール坑のクロックが止まらない状況で炎破のドラゴンがなんとか通り反撃開始。
 
 お互いライフはあとわずか、次のターンに攻撃してマナをつぎ込めば勝ちという所まで持っていったところで相手がエンドを宣言。バウンスは持ってないようだし効果も打ち消される事はないだろう、これはいける!やったぞ!やったぞ!やっ・・・

 アップキープに唱えられる霧縛りの徒党の凶悪さを知ったのはその時である。瞬足TUEEE
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/123-45790cf8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top