2011
08.23

【MTG】デッキ紹介その6

カジュアルデッキ紹介6回目。
デッキ:青赤タッチ緑ガルヴァノス
テーマ:コストを無視して強力な呪文を使ってみたい

個人的に使いたかったカード:
ガルヴァノス/Galvanoth

デッキレシピ:
-クリーチャー-
ガルヴァノス4
マーフォークの物あさり4

-ソーサリー・インスタント-
血清の幻視4
強迫的な研究1
秘境の思索1
炎の切りつけ2
紅蓮地獄1
複製の儀式1
タイタンの根本原理2
暴力的な根本原理1
ワームの突進1
有毒の蘇生4
一瞬の平和1
使途の祝福1
排撃2
霜のブレス3

-エンチャント・アーティファクト-
見張る者の目1
速足のブーツ2
旅人のガラクタ4

-土地-
島8
山8
森1
ハリマーの深み1
広漠なる変幻地2


デッキについて:
 エントリーセットで見かけた時から気になる存在だったガルヴァノスを無理やり4枚投入したデッキ。少し前の記事でちょっと書いたとおり、時間を稼ぎつつ速足のブーツを使ってガルヴァノスを守り、ライブラリー操作で巨大呪文を積み込んでそのままフィニッシュするのが基本的な流れ。操作する呪文がなくてもめくれやすいように呪文の割合がかなり多くなっているのが特徴といえば特徴。

 しかしながら除去耐性の無い5マナ3/3が何ターンも生きていられるほどマジックは甘いゲームではありません。装備に対応して稲妻で死ぬフィニッシャーの頼りないこと山の如し。おそらく敗因はガルヴァノスが出る前提で呪文を満載してその分クリーチャーを切り詰め過ぎたことだと思われる(巨大呪文一発で確実に勝てるような構成でないのも難点)。おとなしく壁とかカウンターとか入れとけばまだ少しは良かったかもね。


 長らく放置していたデッキ紹介だったが、ようやくこのカテゴリの使い道が見つかった。これからはデッキを崩す前にこのカテゴリにメモしておく感覚で保存していこうと思う。改めてまとめると色々分かることもあるし、今やってる解体ラッシュが終わった後は数だけはそれなりに充実したカテゴリになってるかもね(・∀・)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/127-669fb4ab
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top