--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02.12

対戦!

Category: MTG
昨日はMTG仲間と遊んできました!
 最初に軽くメンバーの紹介を。

 セロドンの一年仔/Cerodon Yearlingによるビートダウンを得意とするアラーラブロックの申し子Yさん、

 複製の儀式/Rite of Replicationなどの扱いの難しいカードを難なく使いこなすTさん、

 魔術師の金庫/Sorcerer's Strongboxなどのロマンカードを好み、ゲーム倉庫のまとめ売りでびっくりするほどユートピアの木/Utopia Treeを引き当てたSさん(今回は欠席)


 昨日の集まりは3人の集まりとなりました。全体の流れとしては、
3人対戦→次に1vs1→ギルティギアをはさみ最後に少し1vs1、という感じ。


 対戦のうち印象に残ったバトルをいくつか。



・サト(白単アストログライド)、Tさん(青赤ノンクリーチャー)、Yさん(エスパー)
 
 サイクリング対策を熟知したTさんのピンポイント否認によりことごとく地滑りをつぶされ、その内にYさんがクリーチャーを展開。隙を見て地滑りを張り宣教師でライフをリードするもサイクリングの乱用でライブラリーはスカスカ。結果としてはYさんの一人勝ち。

 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Windのような万能クリーチャーが出ると、途端に他2人から除去の嵐が飛んで来るのが多人数戦の面白いところ。



・サト(青単パーミッション)、Tさん(青赤ノンクリーチャー)
 
 お互い防御的なデッキでの対戦。とにかく打ち消し合戦が熱かった。
 フィニッシャー(サ)への除去(T)←対抗呪文(サ)←否認(T)←記憶の欠落(サ)←剥奪(T)・・・フィニッシャー死亡といった一連のせめぎ合いは、まさしく自分がパーミッションを作った動機そのものと言ってもいいくらいで、こういうバトルは勝っても負けてもお互い良い気分で終われる。

 カウンターをあまり使わないYさんは横から「なにこれこわい」的な顔をしながらそのやりとりを眺めていた。どうやらお互い島を立てながら許可不許可を押し問答キャッキャウフフしている姿は第三者からは不気味に見えるようだ。



 それと今日の1vs1ではTさんの白単エクイップが絶好調だった。軽い装備品とクリーチャーを高速で展開し、平均3ターン目には飛行クリーチャーによる5点以上のクロックが始まるというバーンも真っ青の速度を誇るデッキである。作るデッキの殆どが決まって遅めのコントロールになってしまうサトはぐらつく峰が出るたび渋い顔をするのでした(-_-;)


 今日の午後は4人で包囲戦のパックウォーをする予定だ。さて当たりパックを引くのは誰かな・・・
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/13-8d5be217
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。