2011
12.15

ヒバの巨木を見てきたぜ!

Category: 雑記
 仕事柄山にはよく入るサトです。今回は雪で埋まる前に入った山で立派な大木を見て来れたのでそれについて書こうと思う。
 ここに仕事関連で書き込むことはあまりないんだけど、今回行った所は規格外に大きな木のある山だったのでちょっと紹介。以下、どのくらい大きかったかを比較するための参考資料↓


-街中に生えてる街路樹-
・樹齢  - 40年前後
・幹回り - 20cm
・高さ  - 10m

-仕事で普段行く平均的な山-
・樹齢  - 60年
・幹回り - 40~50cm
・高さ   - 20m

-今回行った山-
・樹齢  - 180年
・幹回り - 100cm
・高さ   - 30m


 100cm30mという大きさにピンと来ないという方は、試しに画面をスクロールする手を放して両手をめいっぱい広げてみよう。太さはそれぐらい、高さは家の窓の外に見える電柱およそ3本分ほどの高さになります。

 抱きついても余裕で後ろに手が届かず、下から見上げれば茂る枝葉に覆われて先端どころか空すら見えない、そんなビッグサイズの木がそこらに林立しているわけですね。しかも木の種類は全部ヒバ。(「青森ヒバ」と言えば高級木材として有名)

 ヒバの木は長生きなので200年くらいでは腐ったり枯れたりはしないが、価値がべらぼうに高いため(およそスギの5倍)そこまで大きくなる前に目を付けられて木材にされるのがほとんど。上に書いたくらいの巨木であれば多少曲がってたりしても1本100万近いお値段が普通に付きます。そんなのが周りにわんさか生えてるってのはなかなか見られる光景じゃなく、10年近いキャリアを持つ職場の上司も「これほどのものは初めて見た」と舌を巻くほど。

 カメラを持ってれば記念写真の一つでも撮って来たかったところなんだけど、あいにく携帯しか持って行ってなかったので断念。低画質携帯の写真を載せたところで伝わる感動はせいぜい1割。それだったら読んでくれてる人の想像にお任せした方がよっぽどいいってもんです。


 先週末、ラピュタに着いたシータとパズーが見上げていた巨大な樹を見て「あんな感じでたまにはびっくりするくらい大きな木が見てえなー」とかぼんやり思ってたら予想外に早く達成できてしまった(もちろんあそこまで大きくはないが)。いやーいいもん見させてもらった。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/180-0f848176
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2011.12.17 09:32 | 編集
大自然が見たいなら連れてってやるぞ!と言いたいところだが、ストリームで行ける林道となるとだいぶ限定されるのが難点。ちなみにブログに書いたのと同じ場所に行こうとすればおそらく整備工場行き(´・ω・`)

そっちに行く日は追って連絡するよ。今度は咲夜さんに勝つ姿を見せてくれよな!
サトdot 2011.12.19 19:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top