--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.03

元旦もMTG

Category: MTG
 明けましておめでとうございます。1月2日にスイカを食べるというあまりできない体験をしたサトです。

 新年一発目の記事は(も)MTG。1日と2日集まった時の対戦についてです。画像はないけどこれまた長文注意↓


 1日は久し振りに脱皮君の家で、バリさんコマさんを含めた4人で対戦(脱皮君はコマさんと同時期にMTGを始めたもう一人の友人。「脱皮」という苗字ではなくもちろんあだ名)。以下対戦↓


-2人対戦-

・青黒フェアリー(バ)vs土地単(サ)
 芽ぐみに呪文づまり、ムルダヤの巫女に喉首狙いで対処され、全く回らないままに敗北。この2枚をさばかれるだけで機能不全に陥るのはデッキとしてどうなのか(マーチ?何の事やら・・・)

・青黒フェアリー(サ)vs土地単(バ)
 デッキ入れ替え対戦。1ターン目に芽ぐみを出され加速を許すも苦花・十手・飢餓の剣の力押しで勝利。十手はやはり何かがおかしい。

-4人対戦-

・赤単スライ(バ)vs青白スピリット(コ)vs青緑感染(だ)vs三色思考の粉砕(サ)

 序盤は除去の撃ち合いで様子を見る感じだったが、バリさんがコスの奥義を発動した後は他3人がそれに対する形に。

 3人のライフが一桁を割り、クリーチャーを出せば焼かれるジリ貧な状況。ライフにも余裕のあったバリさんがそのまま一人勝ちするかと思われたが、わずかな隙を突き脱皮君がありったけの強化呪文(見下し+巨大化+激励×2)を使いバリさんを毒殺。最終的にはなぜか俺が勝っていた。それでもレクシャルでコマさんの審判を再利用できなければおそらく負けていたし、多人数戦はホント最後まで何があるか分からない。


 上の対戦中、俺の持っているデッキの中で土地単は比較的まともな部類に入ることをバリさんから聞いた。自分ではあれも一種のヘンテコデッキだと思っていた分ちょっと意外。そして2人の間で「ファーディヤーの予見者はいらないのではないか」という結論に達したため、彼は近いうち宝物探しあたりと入れ替わることでしょう。

 この休みで一番変わったデッキと言える土地単だけど、まだ納得する出来にはなっていない。何にせよ改良する余地が多いのはいい事だと思う。


 2日は八木ちゃんと対戦。以下対戦↓


-黒単コントロール-

・vs変異
 除去が多く騒ぎ屋がすぐ死ぬためにあまり表に出来ず普通にビートダウンする事に。困窮で捨てらされたり速度で間に合わなかったりで、クリーチャーが大量に死ぬ割には定員過剰があまり活きなかった。

 そういえば黒瘴をヴェズーヴァの多相の戦士でコピーした回があったんだけど、レジェンドルールで両方死ぬじゃんねこれ。次から気をつけよう(´・ω・`)

・vsマーチ
 テフェリーの壕でナントゥーコシェイドを封じ、思考の牢獄に黒瘴を刻印して勝利。恐怖をかわせるのは地味にありがたかった。

・vsタワー
 平和な心でシェイドを抑え、黒瘴を隷属したまでは良かったが、黒瘴を除去されてからしばらくはお互い有効なカードを引かずドローゴーの繰り返し。最後は手札全てをゾンビの横行のコストにあててトークンで勝利。ここでも恐怖が効かないのが役に立った。

-赤単バーン-

・vsナヤ
 乾燥台地が増えて1ターン目に動きやすくなったのはいいんだけど、バーン相手には土地からの数点のダメージが非常に痛い。稲妻のらせんや教主様で回復できた回は勝てた。

・vs歩く火力
 ボーライvsボーライ。有毒の蘇生が来た時はなんとか押し切れたが、炎の印章を先置きされると敗色濃厚。

・vsナックラヴィー
 欠落で序盤をしのいでボーライに電解構えとけば何とかなるかなーと思ったけど、マナの切れたところにボーライを挟まれ敗北。6マナ出せるまで生きてる方が珍しいようなデッキ相手にこれで挑むのはさすがに無理があった。

・vs白緑エンチャント(サ)
 マリガンしてもどうにも手札が重く、回復系のオーラが間に合わず敗北。少しマナ加速系のオーラを増やしてみるべきかも。
 

 上に書いて覚えてる限りでは今回赤単に勝ち越したデッキが一つもない。特にエンチャントは0-3と不調だった。次は勝つぞー!
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/189-411f7303
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。