2011
02.01

【MTG】デッキ紹介その1

管理人が作ったカジュアルデッキ紹介その1です

 この記事では今まで管理人の作ったデッキ(ネタデッキ多め)を気の赴くままに紹介していこうと思います。勝ち負けにこだわらず、自分の使いたいカードをいかに有効に楽しく使うかを重視しています。
 これを見て、少しでも(ファン)デッキビルダーが増えることを祈りつつ・・・

今回はスタンダードの新パック発売前ということで、手持ちのスタンダードデッキから紹介します。
デッキ:青単増殖
テーマ:増殖、ついでに感染

個人的に使いたかったカード:
・かき鳴らし鳥/Thrummingbird
・伝染病エンジン/Contagion Engine

構成要素(枚数はその日によって変わります)

-クリーチャー-
かき鳴らし鳥
胆液爪のマイア
屍百足
粗石の魔道士
灯台の年代学者
飛び地の暗号術士

-インスタント-
着実な進歩

-エンチャント-
容赦ない潮流

-アーティファクト-
伝染病エンジン
転倒の磁石
永遠溢れの杯
漸増爆弾
キマイラ的大群
研磨時計
黄金の甕

-プレインズウォーカー-
ジェイス・ベレレン

-土地-


↓理想の回り方↓

2ターン目 かき鳴らし鳥
3ターン目 永遠溢れの杯(1でセット)→鳥で増殖→2に増えた杯で感染クリor着実な進歩
4ターン目 容赦ない潮流or伝染病エンジン

自己評価:
 毒カウンターが1個でも乗れば後は磁石などで守りを固めながら増殖していけば勝てるためあまり相手の場に左右されないのが強み。しかし逆に相手の場に触れない事、感染クリーチャーを焼かれたりアーティファクトを狙われると手が止まる事が弱点。

 ついでに作った当初は赤をタッチして、増殖させたキマイラを感電破/Galvanic Blastや冷静な反論/Stoic Rebuttalで守りつつ押し切るという、どちらかといえば金属術主体の形をとっていた。
 チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarを出したターンに10点火力が決まることもあり悪くは無かったが、粗石やベレレンさんがパックで当たったため統一感があったほうがいいよねと思い単色化。

・・・あれ?何か弱くなってね?(笑)

スポンサーサイト
back-to-top