--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.02

【MTG】デッキ紹介その17

カジュアルデッキ紹介17回目。
デッキ:青白コントロール
【MTG】デッキ紹介その17
カジュアルデッキ紹介17回目。
デッキ:青白コントロール

個人的に使いたかったカード:
・各種打ち消し呪文
・カルシダーム/Calciderm
・正義の執政官/Archon of Justice

デッキレシピ:

-クリーチャー-(11)
カルシダーム3
正義の執政官2
トゲ尾の仔ドレイク2
瞬唱の魔導士1
聖トラフトの霊1
畏敬の神格1
宮廷の軽騎兵1

-ソーサリー・インスタント-(22)
記憶の欠落4
渦巻く知識4
定業4
乱動への突入2
卑下2
差し戻し1
呪文嵌め1
マナ漏出1
解呪1
審判の日1
機を見た援軍1

-エンチャント・アーティファクト-(5)
不実1
忘却の輪1
未達への旅1
行き詰まり1
火薬樽1

-土地-(22)
島9
平地7
雨雲の迷路2
氷河の城塞2
アダーカー荒原1
石灰の池1


デッキについて:
 前にこのカテゴリで紹介した青単パーミッションが別の未来を辿った姿。動きはパーミッションと同じで、そこに白を足してパーマネント対応力をつけた感じ。

 前の形よりは素早く勝負を決めにいけるようになってるが、今度は白特有の器用貧乏感に悩まされることに。結局はまた解体の運びになってしまったが、カルシダーム・宮廷の軽騎兵・解呪あたりにはかなりお世話になった。またいつか青白を組むとしてもこいつらは変わらず入ってると思う。


 ちなみに今回の形には魔力の乱れが入っていない。事後対策が多く入ってるために第一ターンでは定業を使った方がいいよなと思いながらも、魔力の乱れはいつかまた使いたいカードとして常に頭の中にあった。それもただ使うだけじゃなく、できれば外せないくらい大事なパーツとして。


↓ここから脱線して魔力の乱れ談義↓

Force Spike / 魔力の乱れ (青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを、それのコントローラーが(1)を支払わない限り、打ち消す。

 1ターン目に唱えられる呪文を打ち消すことができるのは大きい。1ターン目に限らずとも、テンポを重要視するデッキならば序盤はマナを余らせないので打ち消す機会は十分にある。序盤に使えば、それ以降対戦相手が警戒して動くようになるので展開を遅らせることにもつながる。 -MTGWIKIより


 つまり相手がマナに余裕のない序盤に使えば強い打ち消しカードというわけで、つまりこれを最大限活かすためには↓

・序盤が全てを決めるような高速デッキ
・土地にアンタップ制限をかけるなどしてろくにマナが出せないようにするデッキ

 こういったデッキならいい感じに使えるんでないかなと。後者については手持ちでマナを縛れるようなカードがろくにない・買うとすると高額なカード多い・ロックデッキは好きじゃないという理由から即除外。前者ならちょうど精神的つまづきが増えたこともあり割と作れそうな感じだったので、手持ちのカードでためしに組んでみることに。新しく作ったデッキの練習台として手持ちのナヤデッキと戦わせることが多いんだけども、今回作ったやつは勝率が高く期待大。


 というわけで現在は今までとはまた違った形でパーミッションが復活中。メンバーと対戦してみて面白そうなら残留してくれることでしょう。パーミッションは滅びぬ!何度でも蘇るさ!
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/201-98d91139
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。