2011
02.28

定員不足の菓子/Four CakeBattle

Category: MTG
タイトルはお気になさらず。

 昨日の集まりでは土曜に遅くまで対戦していた事がたたり、運転手でもあったSさんが疲れてしまい欠席。Tさんと2人で久しぶりのタイマンX番勝負となりました。以下印象に残った対戦を列記。
↓赤単スライ(サト)VS白単エクイップ(T)↓

 骨の鋸/Bone Sawを軸に進撃してくる飛行クリーチャー達に対し、攻撃の隙間を狙い猛火の群れ/Blazing Shoalによる奇襲を試みる速攻クリーチャーの対決。高速デッキ同士で戦う場合はとりわけ1ターン早いか遅いかが勝負を分けるため、手に汗握る白熱したバトルが出来るのが楽しい。遅いデッキばかり使っているとあまり味わえない感覚ですね(・。・)b

 戦績としては引き分けだった。そして突撃のストロボ/Assault Strobeとの相性が良い窯の悪鬼/Kiln Fiendはやはり4枚投入すべきだなと思った。


↓5色ドメイン(サト)VS青緑ライブラリーアウト(T)↓

 珍しく1ターン目から面晶体のカニ/Hedron Crabが登場。次ターンフェッチランド+探検/Exploreによる上陸から稲妻の天使/Lightning Angelを3枚落とされるも、部族の炎/Tribal Flamesをトップデッキしカニを焼くことに成功。3ターン以降は砕土/Harrow、カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expeditionからの土地ターボで大きくテンポをリードされたものの、返しのターンに翻弄する魔道士/Meddling Mageで複製の儀式/Rite of Replicationを指定したところ見事に刺さりTさんの動きがストップ。
 
 原始のタイタン/Primeval Titanを出された時はどうなるかと思ったが、先にライフを削り切り勝利。3ターン目にカニが生きてたらと思うとぞっとしない戦いだった。


↓白青マーチ(サト)VS赤緑ファイヤーズ(T)↓

 開始時に宝石の洞窟/Gemstone Cavernsを2枚置くことに成功し、後攻1ターン目からダークスティールのペンダント/Darksteel Pendantを起動できるという謎の展開に。しかしながら手札を消費しすぎたせいで後が続かなくなり、崇敬/Reverenceや転倒の磁石/Tumble Magnetで粘るも肝心の機械の行進/March of the Machinesがなかなか引けず1戦目はそのまま負け。

 2戦目はテフェリーの濠/Teferi's Moatで緑を指定(1戦目は赤を指定)したところこっちの方が有効だったらしく、攻撃が止まっている間に場を制圧した・・・のはいいもののそれまでに減らされていたライフを火力で後押しされまたも敗北。
 
 あの赤緑と戦う時は、クリーチャーはこれで大丈夫だなと思うと毎回いいタイミングで突風線/Squall Lineが飛んできてそのままとどめを刺されている気がする。往年の地震/Earthquakeはこんな感じで活躍してたんだろうなあとふと思った。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/26-9e218ace
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top