2011
03.03

【MTG】デッキ紹介その6

Category: MTG
カジュアルデッキ紹介6回目です。
デッキ:青緑タッチ黒現実の修正デッキ
テーマ:サイドボードからメインデッキへ

個人的に使いたかったカード:
・現実の修正/Alter Reality
・真に暗き時間/Darkest Hour


構成要素(解体済みのデッキなのでうろ覚え)

-クリーチャー-
マーフォークの物あさり
幻影のケンタウロス
ナントゥーコの病木刈り
セファリッドの女帝ラワン

-ソーサリー-
洗い流し
非業の死

-インスタント-
現実の修正
一瞬の平和

-エンチャント-
真に暗き時間
たい肥
寒け
シータの聖域
肥沃な大地

-土地-





自己評価:
 前々からいつか現実の修正/Alter Realityを使ったデッキを作ってみたいという思いがあり、我慢できず大して強力なカードも持たないままに実行に移してしまったデッキ。真に暗き時間/Darkest Hourで場のクリーチャーを黒くし、プロテクション黒を持つクリーチャー達でアタック。色を変えてコントロールを握れるまでが長く、展開が遅くなりがちなのでその時はソーサリーに頼る(今考えると非業の死/Perishはちょっと回りくどいか)

 現実の修正で色を書き換えてやればプロテクションで除去もかわせるし、寒け/Chillで相手を減速させたり、たい肥/Compostでアドバンテージを稼ぐこともできる。そしてエンドカードのセファリッドの女帝ラワン/Llawan, Cephalid Empress。単色はもちろんのこと、よほど色を散らしていない限り多色相手でもかなり効く。このカードのおかげで回れば結構強いデッキになったのだが、逆にこのカードがなければ解体の憂き目を見ることも無かったかもしれない(地元の友達の緑単に使ったら速攻でロックが決まってしまい、つまらなそうに投了されたのが解体の理由)。

 白をタッチして防御円を加えればもう少し強かったかもしれないが、昔友達の使っていた5色防御円デッキにボコボコにされ、「あれって卑怯じゃね?」という思い出が今でも強く残っており、以来防御円系は敬遠するように(防御円に抵抗があるだけでテフェリーの濠/Teferi's Moatとかは普通に使ってるわけだが)むしろああいうカードは打ち破る側のほうが楽しいしね。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/28-5a9ba1b3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top