2013
01.04

ストーンオーシャン(2周目)読み終わった

Category: MTG
MTG対戦記事です。
 31日には八木ちゃんと対戦。以下対戦結果↓

○黒単コントロール

・vs組み直したバント
 シングル買いしたカードと手持ちを合わせてその場で作って対戦。プロテクションのおかげもあるけどかなり勝てた。4マナ域として萎れ葉のしもべの採用を(手に入れば)検討中。

・vs黒単倦怠の宝珠
 大量の生け贄除去を前に「破壊されない?何それおいしいの?」状態。負け越し。

・vsグリクシスナックラヴィー
 安定のヒム(土地2枚捨て)で手札がボドボドになって敗北。でも捨てられる方は耐性が薄いらしく荒廃稲妻はかなり効いた。

・vs変異コントロール
 大体2ターン目に出てくる抹消者の返しに否定の壁を出せるんだけど決まって生け贄除去が飛んでくる。重要なブリンク系は強迫で落とされ残念ながら負け越し。

○赤単フルバーン

・vs赤単
 吠えたける鉱山で引かせてもらえるのと相性が良く、うまく手札を使い切って勝ち越し。正直速攻デッキでなきゃあのデッキと勝負にならない。



 30日と2日にはバリさんと対戦。30日は少しだったので、2日の対戦結果↓

・スタン白緑(バ)vsバント(サ)
 こちらでもなかなかの好成績。ババア強い。ミラディンランドは1デッキ4枚ならあまり邪魔にならないなと思った。

・スタン黒赤(バ)vs青単増殖(サ)
 マナが揃うまで持ちこたえられずストレート負け。感染クリーチャーを火力で落とされるのに加え、墓所這いとゲラルフに伝染病エンジンが効きづらいのがひじょーにつらい。

・スタン黒赤(バ)vs赤単(サ)
 ブロック不可&タップインvsターン終了時生け贄と、お互いノーガードの純粋な殴り合い対決。延びても6ターンくらいでどっちか死ぬのはわかりやすくていい。誰とやってても厄介がられるスリスは攻撃一辺倒なデッキ同士の対戦だと特に頼もしい。

・スタンジャンド(バ)vsナック(サ)
 こっちも基本持ちこたえられるか勝負。除去が大体火と電解だから狩り達は簡単に倒せるけど、場保ちのいいスラーグがうっとうしい。そしてサイドからの殺戮遊戯で根本原理終了のお知らせ。お互い土地しか引かなくて延びに延びた最後の一戦では、初となるWミゼットエクストリーム(2体並べて無限ダメージのコンボ)を決めて大勝利。


 追記:ミゼット様2人並べても無限コンボにはならない事に後になって気付いたよ、2人並べてコンボ成立するのならWIKIは絶対そういう事書いてるはずだしなぁorz

(注:火想者ニヴミゼットの能力が「あなたがカードを引くたびプレイヤーにダメージ」なのに対し、ドラコジーニアスの場合はドラコ(ry本人がダメージを与えなければカードを引く効果が誘発しないから。ごめんねバリさん!でも楽しかったぜ)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/315-fb0ccb78
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top