2013
06.19

工藤模型の集まりに参加してきた

Category: MTG
 とりさんの召集に応じ、予定通り日曜日に工藤模型へ。詳細は彼のブログ参照って事で割愛させて頂いて、集まった初対面のお三方との対戦について↓


・青緑コントロール(Sさん)vs青緑タッチ赤原形質捉え(サ)
 スタンに近いデッキの多かったSさんとの対戦。足りない1枚をまき散らす殴打で補完した新デッキの初陣。しかしギミック重視にしたせいで除去が無く、幽霊のゆらめきで古術士やペラッカのワームを何十回と使い回され敗北。しかも肝心の原形質捉えは打ち消されるし。毎ターン飛行で13点当ててるのにライフが段々増えていく後半では、ひたすら殴り続けるウィゼンガーが一番最後の戸愚呂兄みたくなってた。

・黒単コモンデッキ(Sさん)vsナヤビート(サ)
 バーン使いの方のSさんとの対戦。バーンとの対戦は裏向きに伏せた時点でなぜか死んでたのでこっちの対戦を記載。強迫と生け贄除去が同時に飛んでくるタイプの黒単はやはり強い。勝ち負けはとんとんくらいで、言われるまでコモン単だとは気付かなかった。この対戦が終わった辺りからだいぶお疲れの様子だったのでゆっくり休んでください。

・ウルザトロン(Yさん)vsナックラヴィー(サ)
 かなりガチな感じを漂わせるYさんとの対戦。初戦はあれよあれよという間にウラモグが出てきて敗北。最後の対戦ではうまいことウルザの塔に熔鉄の雨、カーンに戦慄掘りを撃てたおかげでかなり時間を稼げた。この日の対戦でもそうだったけど、このデッキは粘っていると時々思わぬ逆転を見せてくれて面白い(まあ今回はそこからワームとぐろエンジン×2による再逆転があったわけですが)。大祖始の遺産がずっと置いてあったためにデッキの主役は終始お休みでした。


 トレードもできたし、普段の仲間内では見られないようなカードやギミックも色々あってとても楽しかった。次回の集まりは月末の予定で、飛び入り参加もOKとのこと。これを見ているアナタも奮ってご参加下さい。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/351-ae304de5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top