--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.12

お盆休み

Category: 雑記
 今朝5時半頃、強い通り雨の音に起こされる。二度寝に入ろうとするが雨音がうるさいために眠れそうにもない。

 仕方なく早めに起き出し、少しねぼけながらもまずはトイレへ。毎日やっているんだから今更手元を見る必要もない、いつものようにドアノブを回しドアを開けて入る。

 しかし今日、ドアノブは回らずドアは開かなかった。手元を見るとドアノブには赤(施錠中)の表示が。



 ・・・・・・?



 寝ぼけた頭で少し考える。何度考えても、それはつまり「自分以外誰もいない部屋なのにトイレの鍵が内側から閉まっている」という事に他ならなかった。そしてそこから考えられる可能性はただ一つ、「この中に誰かが入っていて内側から鍵をかけている」・・・もう眠気は無かった。

 中からは何の物音もしない、普通に考えれば4階に忍び込んだ上でトイレに鍵掛けて篭城する奴がいるとも思えない、しかし鍵は半分でなくしっかり全部かかっており力を入れて回しても開く様子はない。

 とにかく開けないと自分が入れないので、恐ろしい想像を脇にどけて鍵を開けにかかる。外側の引っ掛ける部分を回せれば開く仕組みなので、サイズの合いそうな色々なものを試し、最終的に事務所の鍵を使って開錠。

 思いっ切り開けたドアのその中には・・・さすがに誰もいなかった。予想通りではあったものの釈然としない。なぜ鍵がかかっていたのか?安全を確認した所で昨日の記憶を呼び起こす。

 昨日はそれなりの人数を家に招待したが、最後にトイレに入ったのは誰だ?・・・良く考えたら寝る前に入った俺でした。一体どうやったんだ?その日の夜は大人数で飲みに行ったものの、解散した後に酔ってる感じはあまり無かった。でもやるのは自分しか考えられないので、覚えは無くとも無意識的に何かすごい事をしたらしい。イタズラ好きな座敷童子とかの存在は、どっちみち自分には見えないので考えない方向で行かせてください。



 今日はもう一つ面白い(?)話があって、少し前にプライバシーどうこう言っといてから書くのはどうなの?って感じの話なんだけど、二度もないような珍しい話だったので掲載。


 車で休憩中、作業員のIさんとの会話↓

Iさん「思い出すんだけど、俺の息子の名前にも最初「拓」の文字をつけようと思ってたんだよ、結局違う名前にしたんだけどね(サトの名前にも「拓」が入っている)」

サ「へぇ~偶然ですね。」

サ「あっ、でも俺も最初は違う名前になる予定だったらしいですよ。同じく開拓的な意味のもので最初は「耕平(こうへい)」だったんだとか。まあ、大して人に話す機会もないですけども。」

Iさん「えっ!?」

サ「え、何ですか?」

Iさん「俺の息子の今の名前・・・浩平」


 何の因果なのか、数奇な事もあるもんです。さて、明日から盆休みに入り例によって宮城に行く予定。明日会うコマさんのお土産、モダンマスターズ1パックは俺とバリさんに何をもたらすのか!
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/368-cfbf3322
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。