2013
10.04

仮面ライダーウィザード感想

Category: 雑記
 先週、仮面ライダーウィザードが終わってしまったので感想を。前回のフォーゼの時に習って印象的だった部分を箇条書きにて書き連ねていく↓
・自己主張が激しすぎてシリアスな場面では音量調節がデフォルトになっていった変身音声(気になる人は「黙ると死ぬベルト」で検索)

・序盤はよく敵を見失って二週に一回の頻度でキョロキョロする姿がじわじわくるウィザード

・見た目の華やかさも相まって合体後のオールドラゴンより使われた気さえするドラゴタイマー

・インフィニティーのあの変身ベルト音声にGOサインを出した製作スタッフの決断力

・咆哮が印象的なフェニックス、一人二役のメデューサ、狂気的な演技が光るグレムリンと演技派揃いの敵幹部連中

・絶妙な棒読み加減がだんだん癖になってくるウィザードのやられ声

・後半になるにつれ雑魚を吹き飛ばすちょうどいい数字を安定して出すようになるセイバーストライク

・正式な名前もないのにここ最近のライダーでは一番かっこ良かったと言える白い魔法使いの変身シーン

・シュールな笑いを司る白い魔法使いドライバーのCM

・主に映画のせいで一般戦闘員的なイメージに拍車がかかってしまったメイジ達

・中盤から終盤にかけて変身前の口上がどんどんかっこよくなっていくビースト

・主題歌CDに付いてきたPV映像のガッカリ感&これじゃない感

・設定といい中の人といい他のゲストライダーに比べ異様にフットワークの軽いディケイド

・最後まで期待を裏切らないランドスタイルのディフェンド



 設定とかのインパクトではフォーゼに負けるかもしれないが(ベルトは除く)、個人的にはクールでかっこいいライダーとして楽しめたし、思わぬ方向からのシュールな笑いも多いのでなんだかんだ書く事はいっぱい出てくる。そして魔法使いといいドラゴンといい、似たようなファンタジー設定を持つMTGとは強いシナジーを持つためセリフを流用しやすいのもポイント(白い魔法使いがビーストの事を「アーキタイプ」とか呼んでたりするし)。

 放送中に主人公の晴人と同じ苗字(読み)を持つ相馬さんと知り合う面白い偶然があったり、何だかんだで思い出深い作品の一つになった。一年間ありがとう、お疲れ様でした。

 今週末には新ライダーである鎧武が始まる。期待うんぬんよりもまず、今週末秋田に泊まりがけなので第一話を生で見られない可能性大なのが問題だ。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/379-221e20cd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top