2014
01.23

タイヤ交換そして・・・

Category: 雑記
 去年12月に50人超の前で歌わされたイベントを機に、仕事を始めてから今までの約3年半治せなかった悪癖の解消に取り掛かっているサトです。はしょって書くと人と話す時の癖で、先々週盛岡であった各県の集まりがまさしく「試練の刻」だったわけだが多分うまくいった・・・気がする。完全に払拭出来るかは不明ながらやらなきゃいけないとは感じている。話しやすい人は多いほどいいからね!趣味の話とか特に!

 今週の月曜日、セルフスタンドでまたも店員さんに呼び止められ、背後のナンバープレートを照らすライトの一つが切れている事を知りその場で交換。その時にタイヤも改めてじっくり見てくれたらしく、呼ばれたらジャッキアップまでして見せてくれた。

 店員さんの話すところによれば「お使いの冬タイヤは末期状態に突入、溝のしるしも夏に履きつぶすラインに達し氷上性能はもはや夏タイヤと同等。溝の間に無数に入っている傷とその中から覗くワイヤーの光沢、そのどれもがタイヤとしての限界を伝えており、このまま乗り続ければ最悪路上でバースト(パンク)あるでー」との事。今年7月30日の車検までに車を買い換えるつもりでいた事があり「数日中にでも新しい車を決められれば冬タイヤの値段分浮かせるな?」とも考えたものの、そもそも今乗ってるストリームの相場すら知らない(店員さんに聞いたところ安くても200万後半とのこと。意外にグレード高いんですねェ)人間がすぐに決められるとは到底思えず、すぐにその考えを打ち消し交換を決定。そのついでに「車検のご用命はぜひうちで!」と、車検日の半年前に予約しておけば車検の見積額を最大限減らせるというシステムを紹介されたので一応登録。その後の走行は発進も停止も調子よく行っている(むしろそうでないと困る)が、この交換をした事によりとある事件が発生することとなる・・・(長文注意)
 タイヤを交換した翌日(火曜日)、出勤路である家の近くの通りを進んでいると左から1台の車が進行。その通りは狭いうえ雪の壁で少し見通しが悪かった事もあり、見つけた時点でこちらは向こうの動向を見るべく止まっていた。路地から車の頭が少し出るくらいの所で向こうのおじさんが止まったため「お、こっちに気付いたな」と思いながらアクセルを踏むと、それと同時に何とそのおじさんが前進。どうやら条件反射的な一時停止で曲がる方向しか見てなかった様子。慌ててブレーキを踏むも止まり切れず、接触したかしないかの位置でお互いが停車。止まった時には少しの衝撃とザリッて感じの音がした。

 「当たった!?」と思い、急いで降りて相手と自分の車を確認するも、相手の車には目立った外傷は無く自分の車に至っては元々スリ傷がついているから判別できない状態。相手のおじさんに大丈夫だったか聞いてみたが「いや、わの車なんも当たってねえよ」と全く平気な様子。そうなると停止した時のあの音はブレーキを強く踏んで止まったためにタイヤが地面に強くすれただけの音だったのか?それともあのおじさんが何も無かった事にしようととぼけているのか?混乱した頭では分からなくなり、その場はとにかくおじさんに謝ってお互い立ち去った。

 事務所に着いてから主任にそれを話し、主任が車を見たところ「傷が新しいからそれ多分当たってたよ」とのこと。そして今日会った別の主任が言うには「その状況なら訴えられたらサト君が有利だから当たってても黙ってたんだと思うよ」とのこと・・・。確かに向こうは右を全く確認せず出てきたし、こちらが走っていたのは優先道路だった。

 つまり先程のあのおじさんの心の内は「実は当たってるんだけど涙目で謝って来るし可哀想だから見逃してやるか・・・」ではなく、「実は当たってるんだけどもし訴えられたら悪いのはこっちだしここは何も言わずに立ち去るのが吉かw」という事になる。まあだからって「あのオヤジめ~!」とか思ってるわけでもなく、むしろそう頭の回るような人には見えなかったが、「大事にならなくてよかった」というのはおそらくお互い考えてたと思う。そしてなぜこの事件がタイヤ交換と関係があるかと言えば、「こちらが一時停止したのち再度進む時の初速は前のタイヤでは滑って出せないため、前のタイヤならあっさり衝突を回避できている」という絶望的な理由によるもの。「発達した技術はそれを使う人間の技量も問われる」典型的な例ですね。細かい速度調整は冬道運転の基本!しばし己の罪を黙考するがよい(沈黙)


 珍しく思った事をあまり省略せず書いてみたらクッソ読みづらい長文になってしまい申し訳ない。さて、次はMTGについてまとめ書きする予定。明日書く気力がわかなければ3週間分のフライデーについていっぺんにご紹介するところから始まるだろう。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/396-e60fe64e
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.01.26 20:49 | 編集
あの事故には肝を冷やしたね。記事にも書いたように謝るときリアルに涙目だったよ。ギリギリ事件にこそならなかったものの、最近は左から出てくる車に対して普段の3倍くらい敏感です(-_-)

>オンリーアルバム
見落としてたからこっちも今聴きながら書いてるぜ。歌なければいい歌だって一番言われてるから(矛盾)途中でボーカルが入り込んで台無しにさせる部分で草が我慢できませんでした・・・(小声)
サトdot 2014.01.28 22:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top