2014
01.30

GTC×10、DGM×2、FNM×3

Category: MTG
 予告したとおり、直近3回のフライデーの記憶を発掘&圧縮(またも長文注意)↓
○第3回(先々々週)
 黒緑死橋の詠唱デッキで参加、結果は1-3。死橋の詠唱を置く前に死亡or群れネズミゲーで強引に突破の流れがほとんどでちょっと悲しかったけど、最後4戦目のfreemanさんとの対戦では気持ち良く回ったので、回収したカードの3/5くらいが土地だったことは脇に置いておき最終的には満足。クッソ軽妙な切り口のブログをやっていらっしゃるのをトシさんに教えてもらったのでお気に入りに登録。あれくらいの文章力・記憶力身につけたいですよね(羨望)

○第4回(先々週)
 デッキをギリギリまでいじって出発したらそのデッキを持ち忘れ、遅刻により不参加。植生噴出を買う用事があったのでどーらく自体には行って観戦したり参加者の付き添いの方と対戦したりしてた。ドラゴンの迷路とギルド門浸犯を2パックづつ買ったけど中身なんだったけ・・・たしかそんなに悪くは無かった。

・黒青緑(付き添いの方)vs茶単(サ)
 その付き添いの方との対戦。デッキはフェッチ・死儀礼・タルモ・デルバー・呪文貫きとか入った本格的な感じのテンポデッキ。最近始めたばかりの方で現在はプロキシカードで友達と練習中、話によると友達はMUDを使ってるそうなので、知ってるカードの入ってそうなデッキで挑戦。2戦目に磁石のゴーレムを出したところやはり見慣れたカードのようで「ここでも会うのかよー!」と予想通りの反応を見せてくれた。その後の隔離するタイタンでも同様の良い反応をしてくれ、Underground Sea・Tropical Island・Bayouの3枚をいっぺんに割った時は弘前のモダン大会で電解使って瞬唱とボブを焼いた時の事を思い出した。いかにもイケイケで勝ったかのように書いてるけど、前後の2回はトロンもポストも許さない問答無用の不毛の大地×4により成すすべなく敗北している。まあそんなもんだよね!

○第5回(先週)
 青緑タッチ赤で参加。序盤は雲ヒレの猛禽を炎樹族の使者やナイレアの試練で強化したりしながら、中盤はほぼポルクラノスさん頼りで乗り越え、後半は高木の巨人やゼガーナやルーリクや一族の誇示で重い一撃を狙えたらいいなという大雑把な戦略。当日は2枚足りない炎樹族の使者を当てるべくギルド門浸犯を合計で8パック開封するものの、はっきり爆死と言えるくらいの結果(しかも1枚も出ない)。仕方ないので植生噴出×2で代用、これらは1回だけ役に立った。

・1回戦 vsオロスコントロール 0-2
 弘前でよく会うミツヤ君とスタンで初対戦。いつも見かける例に漏れず赤いデッキだったが今回はサブにとどめた様子。飛び交う除去呪文で終始主導権を握られ危なげなく2敗。ああいうデッキにこそぜひルーリクを出したかった。終わった後のフリープレイでは萎れ葉のしもべ+ババア×3の賛美を受けて8/8飛行でゴブリンの群れに突っ込むジェナーラがちょっとイキイキして見えた。

・2回戦 vs白黒コントロール 0-2
 Kさんとの対戦。1戦目、こちらが土地1枚で5ターンほど過ごしている間に向こうは地下世界の人脈×2から大量ドローしかし全て土地という意味不明なスタート。さすがに土地を伸ばすまでにはフィニッシャーが来ておりそのまま負け、2戦目は確か逆の状況になったが向こうの立て直しが早く敗北。申し訳ないが練達の生術師以外のクリーチャーをことごとく殺すのはNG(泣)

・3回戦 vs赤緑タッチ青 2-0
 yuanshenさんとの対戦。色構成が似通ったデッキで、こちらがルーリクや一族の誇示のために青緑に赤をタッチしているのに対し、向こうは主にサイクロンの裂け目のために赤緑に青をタッチした形。対戦はパーツがうまく噛み合い2勝出来た。フリープレイではいわゆるヘックスメイジ・デプスと初対戦。5ターン目前後早々にコンボが決まって降臨してしまったマリットレイジさんを伝染病エンジンで19/19にして延命に成功したかと思いきや、3ターン目に吸血鬼の呪詛術師から2点もらってライフ18だったのを完全に忘れておりそのまま死亡。ギャラリーがいなかったのは不幸中の幸いだった。後ろでミツヤ君がエクストラターンまで突入してシノギを削っている間にスタイフルノートとも対戦。ああいうファッティ高速召喚デッキ(ただしエムラ以外)は個人的に好感が持てる。色が青緑でガチというだけですでにいい。

・4回戦 vs緑単 1-2
 相馬さんとの対戦。3戦目、こちらの残りライフ3・場にはポルクラノスと1/2の雲ヒレの猛禽。向こうはライフ10ほど・場には高木の巨人(未怪物化)・3/3の実験体・マナクリーチャー数体。攻撃してきた巨人と実験体に対し、向こうに5マナしか立ってなかったので、怪物化2で7/7になったポルクラノスで巨人(怪物化できない)を、3/3実験体を雲ヒレでブロック。次来た時に討ち取れるようにしておこうと、チャンプついでに雲ヒレに急速混成を撃ちトークンに・・・とサイコロを手に取ったところ何やら考え中の相馬さん。緑単なんだから対応なんて何もなくないか?と思いながら墓地に行きかけた雲ヒレと急速混成を見やすいよう場に戻してると、そこから1マナで凶暴な召喚をキャスト。このタイミングで?と首をかしげる私の前に現れたのはまぎれもなく緑の信心の象徴だった。+1/+1カウンターを乗せたナイレア様の加護を受けた(トランプルがついた)事でブロッククリーチャーが戦闘から離れている実験体の3点が私に貫通し、ちょうどライフ0でゲーム終了。神をコンバットトリックに使うという時に大胆なプレイングによって彼は初優勝をものにしたのだった・・・イベントのコラムだとこんな風に書いたりするんじゃないかなとふとおもいました(ちなみに実際に優勝したのはキョ・・・オリーブオイルさんでした)


 トータルの戦績は1-3で、これで初回以降3回連続1-3になる。戦績に不満は無いが0勝は避けたいので、明日のフライデーも価値ある1勝を狙っていこうと思ってます(全敗フラグ)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/397-786a70d8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top