--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.11

最近は 長文注意が デフォルトです

 今週のフライデーは黒緑死橋の詠唱デッキで出場。だいぶ出来上がってきたので紹介を兼ねて掲載(デッキ紹介44回目)↓
デッキレシピ:

-クリーチャー-(20)
ただれたイモリ4
森の女人像4
群れネズミ3
漁る軟泥2
荒野の収穫者2
泥沼煎じの魔女1
死者の神、エレボス1
ファリカの癒し人1
忌まわしき首領2

-ソーサリー・インスタント-(7)
思考囲い2
突然の衰微1
胆汁病1
霊気のほころび1
英雄の破滅1
悲哀まみれ1

-エンチャント・アーティファクト-(9)
泡立つ大釜2
ナイレアの弓2
地下世界の人脈2
死橋の詠唱3

-プレインズウォーカー-(1)
見えざる者、ヴラスカ1

-土地-(23)
沼11
森7
ゴルガリのギルド門3
草むした墓2

-サイドボード-(14)
闇の裏切り3
真髄の針2
ゴルゴンの首1
破滅の刃1
究極の価格1
胆汁病1
霊気のほころび1
骨読み1
化膿1
宿命的復活1


デッキについて:
 (墓地状況次第で)優良なアドバンテージ・エンジンである死橋の詠唱の到着まで耐え切り、後は首領に決めていただくorイモリと大釜のコンボでライフを吸い尽くす。相馬さんに人脈と軟泥を交換してもらってからは一気に完成度が上がったデッキ。これまで墓地を減らせるのはナイレアローしかなかったところを軟泥で序盤から墓地整理しておけるし、今まで物理モードになれなかったエレボス様もがぜん殴れるように!ドローと回復が増えた事で詠唱まで耐えられるターン数も伸びたぜ!

 サイドボードは普段通り適当に。本番で1枚足りないのに気付いたので(確かこれで3回目)急遽メインに霊気のほころびを投入しサイド14枚でスタート。

 あと、神々の軍勢のボックスを開けたのがフライデー直前だったこともあり試験的に軍勢のカードをいろいろ入れてみてる。BOXといってもツヨスと2人で20・16に分けて開けたから本当はちょっと違うけど、欲しかったキオーラとフィナックスが1枚づつ、後は苦痛の予見者とか白緑占術ランドとか当たったから大満足。一方のツヨスはフライデーの後に買ったパックも含めて欲しかったモーギスを3枚ゲット(1枚Foil)、一番欲しかったカードが発売日に集まって拍子抜けしていた。


 対戦結果↓

1戦目 vs白青 ○○
 イロアスの英雄などでオーラ戦術をとる白青と対戦。イモリの死亡誘発を勘定に入れてなかったりなど、知らないカードに対する向こうのうっかりミスが続き勝利。珍しいカードを出してテキスト確認を求められると嬉しい気分になるという人は少なく無いと思う。サイドインは破滅の刃や胆汁病。

2戦目 vs青単信心 ○×○
 山口さんとの対戦。1戦目は向こう土地事故、2戦目はタッサ様にボッコボコ。3戦目は除去で信心を減らし続けタッサを置物にしておき勝利。神が出ると途端に対処困難になるのでサイドインは霊気のほころび(引かなかったが)

3戦目 vsオロスビート? ××
 占術ランドを大量に使いドローを良くしていたのが印象的だった。イクサヴァを倒したと思ったらどうやら人間だったらしく隣のザスリッドの屍術師くんが反応してゾンビがわっさわさ。全体除去など入っておらず、ゾンビ4体に来られたら負ける!という返しのターンに引いたのが胆汁病。右手の強さに感謝しつつ即使い、ゾンビを全滅せしめたが結局敗北。サイドインは闇の裏切りと胆汁病。

4戦目 vsジャンド ××
 前回も当たった対戦。しかし今回はあまり抵抗できず、死橋の詠唱も置けずストレート負け。詠唱を置く余裕がなく負ける時は必ずクリーチャーに蹂躙されている。せめて詠唱を置いて1ターンしのげれば・・・。・・・!今書いていてその役目を果たしてくれるカード、すなわち”濃霧”の存在に思い至った。ライフが1でもアップキープに弓で4枚下に送りつつ運良く濃霧を回収できれば危機は脱出、その後は墓地を濃霧のみにしておけばクリーチャーデッキに対しハーフロックがかかるって寸法よ!時間さえあれば結構回復はできるのでその内逆転できるんじゃないっすかね。サイドインは闇の裏切り、あと最後にとネタでゴルゴンの首入れたが引かなかった。


 結果は2-2。全部ビート系のデッキと当たってこれなら大分いいと思う。相手が一番嫌な顔するのは1ターン目イモリスタートした時だった。ファリカの癒し人は毎回抜けてたからもう荒野の収穫者と交換でいいかもしれない。あと、1回でいいから宿命的復活で破壊されない首領作りたかった(叶わぬ夢)


 土曜日はH君と組み上げた青緑のテストしたりして過ごした。ネシアン開拓地の荒廃者が使ってて楽しい。そして日曜日はどーらくで集まりそこで遊ぶ・・・はずが大会が入っていたため急遽うちにご招待。世帯用に一人暮らしなのはこういう時役立つ。集まったメンバーは全部で8人で、久し振りに会った須藤さんや普段フライデーでしか会わないN岡さん・fleemanさんなど珍しい面子が顔を揃えた。対戦してると毎回思うけどちょっと須藤さんとの勝率低すぎんよ~(悲)いつか変異使って1マッチ取りたい(叶えたい夢)

 そして今回N岡さんが魔王戦(アーチエネミー)のセットを持ってきていたのでそれを使い初めての魔王戦。魔王戦のルールは大体こんな感じ↓

・魔王1人vs勇者3人(4人でも可)で戦う
・魔王のライフ40、勇者20。魔王を倒すか勇者が全滅するかで勝敗が決まる
・デッキは普通の60枚デッキを使う
・魔王には専用の計略カードが用意されて毎ターンアップキープにめくってプレイする。これにより1ターン目から勇者全員に手札の枚数分ダメージが飛んできたり魔王側に5/5飛行のドラゴンが出たりがありえる

 N岡さんが魔王専用に組んできたという黒単がかなり多人数に強く(専用に組んだんだから当たり前かもだが)、無垢の血やら吸魂やら灰色商人やらで勇者全員まとめてあしらわれ最初の数回は負け続け。最後の一回でようやく勝ったときはみんなある程度全体に影響する呪文を持ったデッキだった(しかし勝因は魔王のライブラリーアウト)。同じ人数でもプレインチェイスより時間がかからず目標が分かりやすいので個人的には魔王戦の方が好み。ぜひまたやってみたい。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/399-286c0bb5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。