--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.13

【MTG】デッキ紹介その45

カジュアルデッキ紹介45回目(コンボデッキ紹介3回目)。
デッキ:白黒タッチ青腐れ肺デッキ
デッキレシピ:

-クリーチャー-(30)
闇の嘆願者4
魂の管理人4
臓物の予見者3
魂の従者1
大聖堂の聖別者1
ルーンの母1
血の芸術家3
カルテルの貴種2
腐れ肺の再生術師4
ザスリッドの屍術師4
イーオスのレインジャー1
目覚ましヒバリ1
闇の末裔1

-ソーサリー・インスタント-(7)
人工進化4
発掘1
オルゾフの魔除け2

-エンチャント・アーティファクト-(2)
ファイレクシアの闘技場2

-土地-(21)
沼5
平地1
神無き祭殿4
孤立した礼拝堂4
変わり谷3
水没した地下墓地2
湿った墓2


デッキについて:
 コンボデッキ連載最終章となる3回目は青をタッチした白黒人間・クレリックデッキの紹介(第一回はこちら第二回はこちら)。昔からのお気に入りカードである腐れ肺の再生術師、そしてそのリメイクであるザスリッドの屍術師を使ったトークンデッキであり、人口進化からの無限コンボでゲームを決める事も出来るデッキ。

コンボの流れ↓

①臓物の予見者orカルテルの貴種を出す
②腐れ肺の再生術師orザスリッドの屍術師を出す
③②を対象に人口進化を撃って文章欄のクリーチャータイプを変更、腐れ肺なら「ゾンビ」を「クレリック」に、屍術師なら「人間」に変更する
④そうすると腐れ肺なら「クレリックが死亡するたび、2/2のクレリック・トークンを場に出す」に、屍術師なら「人間が死亡するたび、2/2の人間・トークンがタップイン」に文章欄が書き換わる
⑤この状態で他のクレリック(人間)を出し、①の起動型能力で生け贄にすると無限にトークンを出し入れできる
⑥隣に魂の管理人or従者がいれば無限ライフ、血の芸術家がいれば無限ドレイン

 ③の段階で先に出したクレリック(人間)がやられて残骸の2/2ゾンビしかいないよ~という場合は、「クレリック(人間)」→「ゾンビ」と変更する事で「ゾンビが死亡するたび2/2ゾンビトークン」となり同じ流れに持っていけます。もちろん変わり谷クンを起動できる状態ならどちらを選んでもOK。

 コンボには最低でも①+②+⑥+人口進化+ほかクリーチャー1枚の5枚、そして土地3枚の計8枚が必要なため、最速の4ターンに決めた事はまだない。しかしながら実際にこのコンボで勝った事は少なく、コンボが決まりきる前にトークン戦術で勝ってしまっていることがほとんど。闇の嘆願者→クレリック→腐れ肺で3ターン目相手のエンド前に闇の末裔呼んできて6/6トランプル+2/2ゾンビ3匹で4ターン目にアタックのプチコンボは爽快感MAX。

 人間とクレリックの両方を使った部族デッキのような感じなので、両方のタイプを持つクリーチャーをなるべく入れるようにしてます。闇の嘆願者・ルーンの母は実際のカード面には無いがオラクルで「人間・クレリック」のタイプを獲得しており能力もかみ合うため相性抜群。この2つのタイプを持つクリーチャーはかなり多く、好みで色々入れ替えてみてもいいかもしれない(罪の収集者とか堂々たる撤廃者とかコーリスの子とかホントに色々ある)

 青マナ源が汚れた島4枚だったときはマナ基盤がクッソガバガバだったがこの前最後の1枚を入れ替えられたため安定性も向上、なかなかに勝ててます。

 というわけで、(途中少し間は開いたものの)全3回にわたるコンボデッキ特集でした。前2回はコンボ結構決まるけど決めなきゃ勝てない!という尖ったタイプのデッキ、今回はどちらかというとコンボはサブの勝ち手段といったような丸いタイプのデッキを紹介しました。皆さんはどちらがお好き?


スピード:☆☆☆
 奇襲性:☆☆☆
 柔軟性:☆☆☆☆
 使用感:☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/402-fb3390a8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。