--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
06.19

レガシー大会 in 新潟

Category: MTG
 先々週(6/5)にあったレガシーの大会について忘れないうちに書いておく。書いてたらそれなりに長くなったので、前の記事で書いたエタマスの開封については分割して書くことにした。

 メンバーはいつものハリケーン先輩、タナカさん、イシダさんに加え、最近は当初からのメンバーであるHさんよりも会う頻度が高くなっているkikさんと、少し前にこのブログから俺本人を特定するというレア技を成したNさんが弟を連れて参戦。この日は参加人数が非常に多く(16人)4試合目まであった。使用デッキはGW行った時に続きエンチャントレス。以下、対戦記録↓


1試合目 vsドレッジ ×○○
 Nさんの弟さんと早速の対戦。いきなりお互いマリガンしまくり、向こう4枚こちら5枚でのスタート。群馬から来てとても久しぶりにやると聞いていたので古いデッキ引っ張り出して来たんだろうなと思い、「いやぁこれはぐだりそうですねぇ~」などと軽口を叩いていた数分後に3キルを決められ戦慄。しかしながらサイド以降は一定数取ってある墓地対策エンチャントの設置が間に合い、途中で自然の要求されながらも引き増しまくって追加を置き、逆ワンサイドゲームを展開して勝利。

2試合目 vs BUG ×○×
 2試合目のデッキは黒青緑。断片無き工作員を採用した、いわゆるBUGカスケードと呼ばれる型のデッキ。
 1戦目はこれまたマリガンがひどく、3枚をキープしたところからヒムを喰らってお陀仏。死儀礼とタール坑が見え、1戦目はタール坑がフィニッシャーになった事から起動型能力対策をサイドインしたところ、3戦目には早めに抑制の場を置く事ができ、厄介なタール坑の動きを抑えつけてやった(以降決め手を引けないまま普通に5マナ払って殴られ続けて死んだとは言えない)
 レガシーにおいて一定の勢力を持つだけあり向こうのデッキの安定感は高く、相手の方は最終的に3位とか4位に入っていた。

3試合目 vs 青赤タッチ死儀礼 ××
 相手のデッキもよく分からず、それ以前に自分が盛大に事故ってたので特に書くことはなし。

4試合目 vs BUG ×○×
 4試合目のデッキは黒青緑。断片無き工作員を採用した、いわゆるBUGカスケードと呼ばれる型のデッキ。
 1戦目の後手1ターン目、いつものように森に楽園の拡散をつけてエンドすると返しのターン衰微でこれを割られる。あまりされない対応だが実際効果的で、その減速が響き1戦目は落とした。2戦目3戦目は展開に成功し、3戦目は途中破滅的な行為X=1で焦土と化したりしながらもチェインコンボ直前まで迫る。しかし最終ターン、「これでセラの聖域を置けば!」と土地を置きかけたところで「ターンの最初に土地置いてましたよ」と相手からの冷静な指摘が入り投了。
 レガシーにおいて一定の勢力を持つだけあり向こうのデッキの安定感は高く、相手の方は最終的に3位とか4位に入っていた。
 

 結果は1-3。身内ではANTを使ったイシダさんが2位だった。青と黒の入ったデッキしか当たらず、2ターン目アルゴスの返しにヴェールのリリアナー2で除去のパターンが3回も続いたりと巡り合わせの良くない感はあったものの、良い点を挙げれば今回はサイド投入の枚数を割と適切に決められたと思う(実際に引けたのも多かった)。それと、この日は前から組みたいと思っていた白単信心の素体を持ってきていたので、フリープレイではそれを使って調整していた。エンチャントレスもそうだがパーマネントを並べるデッキはやはり除去とのバランスが大変だ。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/450-c422d50b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。