--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
10.15

Silverweek with Hurricane

Category: MTG
 今回のシルバーウィークはハリケーン先輩(以下、先輩)と共に青森へ。全5日の行程を振り返る。

 先輩が同行するのは遠征数日前に決まったことで、どうやら都合よく予定が空いていたようだ。しかし五所川原側の泊まりの都合がつかず、今回は青森市内滞在時(最初の2日半)のみの同行となった。手製のストンピィ×3はフォーマット的には全てレガシーなので相手がどれくらいいるかが不安要素だったが・・・以下、それぞれの日にあったこと↓


○9/17(土)
 前回同様、朝7時頃に小国を出発。いつもだと内陸側を通って東北道をひたすら直進するが、今回は戸沢村に住む先輩との合流のため新潟側の海沿いルートを走った。10時過ぎに道の駅鳥海(山形と秋田の県境あたりの道の駅)で落ち合い、一路青森市へ。前回は2時くらいにツヨスの家に着いた記憶があったが、今回はいつもと違うルート+車2台並んでの運行(全日程の同行でないためどうしても2台になってしまう)のため、急いだものの結局ツヨスの家に着いたのは16時ほどになった。
 家に着いた後はいち早く合流していたN尾カーにツヨスが乗り、MYカーinFMさん+先輩カーの3台5人でN岡さんちに向かった(※これ以降ツヨスの表記はかなり省略気味になるが、字面で見えなくても常にそこにいます)。

 青森に行くまでの道中、軽く流れを説明した際に先輩から「N岡さんの家に今日は何人くらい集まるのか?」との質問があった。その時は「行くといつも人は多いですがよく分かりませんねぇ。まあ最低でも5~6人は来ますよ!」と答えたが、いざN岡さんちに着くと・・・そこには予想を超えた大軍勢が。
 入って初めに目に入った手前の麻雀卓に4人が座っており、その奥にはテーブルで5~6人がEDH、さらに右を見るとフリープレイ・雑談でわちゃわちゃしている。最初に合流して向かった我々5人を合わせると20人ほどが1部屋に会しており、もはやよく分からない状況になっていた。なんか行く度に人が増えてないか?

 ここで自分がやったほとんどは知ってる面子との会話や対戦だが、ここで特筆すべきは前々から話だけ聞いていて会ってみたいと思っていたメンバーの1人、外国人プレイヤーDとの対面だろう。日本語も堪能で背も高い好青年だ。モダンで対戦もしたがデッキもグリクシスデルバーなどかなり本格的なもので、待機デッキでわからん殺しを狙わなければ勝てなかっただろう。あの待機デッキを使うと相手が訝しげな反応をするため気に入っているが、ちょくちょくネイティブな反応が出るDとの対戦は特に新鮮で楽しいものになった。ぜひまたやりたい。

 この日の夜はみんなで近所のマエダストアに行って晩飯や酒を買い、うちらはそのままN岡さんちに宿泊。ほろ酔い気分のまま、なぞりんさんとツヨスによる零のゲーム実況をBGMに眠りに就いた。


○9/18(日)
 およそ定刻に目覚め、ゴーストの(実質)最終話を見る。しかしここでN岡さんに法事の知らせがあり、今日いっぱい行動を共にするところから午前中いっぱいで家を離れ別行動する事に予定変更。fujigaさんと連絡を取り、集合場所が工藤模型へ変更された後は、再びFMさんをお迎えに上がったりどーらくを経由したりしながら午後に工藤模型に向かった。

 工藤模型では、ものづくりが大好きな先輩が1階部分を見渡してイキイキしてるのが印象的だった。ミニ四駆のパーツの説明は8割分からなかったが楽しそうに語っていたことは覚えている。
 この店の2階のスペースは500円の買い物につき1枚の1時間無料券が出るため、せっかくだからと買っていなかったコンスピラシー王位争奪を4パックだか5パック購入。上に行き、先に来ていたメンバーがEDHをする向かいでいざ開封。ドラフト用だから専用カードは良いとして、ずいぶん再録多い気がするなコレ・・・。レアについては三日月の神が2枚出て、1枚は追加の吠えタケル鉱山としてEDHのデッキに入れた。
 ここでは主にタイマンの対戦をしていた。後で聞いた話だとこの時のEDH組には自分が話だけ聞いていて会ってみたいと思っていたメンバーのもう1人がいたらしいんだが、この人には以降の行程でも会えずじまいだった。


 工藤模型の閉店後はfujigaさんちに集合し、市内のメンバーで流行っている「キングダムEDH」を実際にやった。

※「キングダムEDH」とは・・・
 6人ほどで行う、勝利条件の異なる役職をランダムかつ秘密裏に決めて行うEDH。秘密裏というのが大きなポイント。誰かが勝利条件を満たせばゲーム終了なのであまり長引かずに終わる。役職と勝利条件は以下のとおり↓

◇王(1人) ・・・ 騎士と協力して自分が生き残れば勝利(王だけは開始時に役職が公開される)。騎士は王が死ぬと敗北なので基本守ってもらえる。
◇騎士(2人) ・・・ 王に仇成す山賊並びに闇に潜む暗殺者を皆殺しにすれば勝利。騎士を騙れば王に助けてもらえるので基本騎士のフリをするのが定石らしい。
◇山賊(2人) ・・・ かの邪智暴虐の王を除けば勝利。2人で1人を倒せばいいので簡単に見えるが、うまく協力できる保証はない上存在がばれると王&騎士の3人にボッコボコに。
◇暗殺者(1人) ・・・開始時にランダムで選ばれた対象の役職を1人でも倒せば勝利(暗殺対象だけは開始時に公開される)。暗殺対象に誰が選ばれるかによって動き方が変わるので、敵味方の判断をつけて誰の動きに乗っかるかが重要か。

 やり方としては普通のEDHに「人狼ゲーム」のような推理要素が加わったもので、やってみるとなかなかに楽しかった。3回戦って騎士・騎士・山賊とプレイしたが、暴虐のナコツコ王に騎士として処刑されたり、王に反逆する騎士を装ったのに山賊と即バレして集中攻撃を受けたりした。6人の中でうまく勝つのはかなり難しそうだが、カードの動き以外にもプレイングの幅があるために人のターンでも退屈する事が少ない(適当な事しゃべるだけでも他の人のプレイングが変わったりもする)のはとても良い。

 自分がキングダムEDHをしている間、先輩はFMさんのバーンやストンピィと対決していたようだった。FMさんは先輩が来る事を聞いてから緑単を3つ組んで来たり、以前にはハリケーンを郵送までしてくれたりと、かねてから情熱的なアプローチをしてきている。そんな2人が直接出会ってどんな濃厚な絡み()があったのかは分からないが、きっと満足いく対戦だったんじゃないかと思う。会った事もなかった人のためにそこまで出来るFMさんは人間の鑑、はっきり分かんだね(たぶんお互い懐かしいデッキ使ったりクリーチャーで殴り合ったりするのが大好きで似たオーラを感じ取ったからだと思うんですけど(無粋))

 この日の夜はそのままfujigaさんちに泊めていただいた。


○9/19(月)
 この日は午前中を市内でのんびり過ごし、午後に市内を離れて一路五所川原へ。最初に書いた通り、泊まりの都合により先輩もここで帰路についた。

 五所川原ではトシさんと合流し、Kさんの家へ(行ったらすでにR君もいた)。ソウマさんといい、五所のメンツは良い意味で変わらず安定している。
 KさんちではEDHをやったり、ソシャゲーのシステムについてだべったり、モンストで30連回したりした。この時モンストで開催していたマベツムコラボはキャラが好みでなく全体的にイマイチ盛り上がれなかったが、ここで当たったキャプテン・アメリカは中々強くて気に入っている。ただ最初にマルチでSS使った時に1000HITした謎は未だに解けていない(普通は50HITくらい)。EDHではR君の碑出告赤単を見て、EDHにおいても直接ダメージでライフを詰めて戦況を進めるのは大事だと改めて実感したりした。

 Kさんちで遊んだあとはトシさんちに戻り、そのまま泊まった。そしてこの夜からエレベーターを使った熱い戦いが始まったのだった・・・。詳しくは後述。

○9/20(火)
 この日はH君と合流して遊んだが、ゲーム倉庫まで迎えに行く際、なぜかトシさんのレガシーを運転させられた。自分が教習時代にやってた思いっきり左の線寄りに運転するクセは今もう直ったと思っていたが、感覚の分からない車に乗ると未だにそうなるようだ。

 合流後はこれまたEDHを楽しんだ。H君の作るデッキは比較的大振りなデッキが多いと感じるがEDHでもその傾向に変わりはなく、ガラクの大軍や収穫の魂などを使ったティミー好みなデッキを使っていた(自分も大振り大好きなので後で使わせてもらった)。あのデッキには石のような静寂も入ってた事を覚えてて、あれはサイド用に買いたい物の上位に入ってるが毎回買い忘れてるので、次は思い出せるようにここにもメモっておく。元々メモ目的を兼ねたページなんでね。


 そして、前日の夜・この日の朝と夜・明くる日の朝、今回の行程においてトシさんと3人になっている時間にはもっぱらエレベーターを使った戦い、PS3のELEVATOR ACTION DELUXE(以下、エレベーターアクション)に明け暮れていた。

 調べるとどうやらシリーズ作品として複数あるようだが、今回うちらがプレイしたエレベーターアクションは前身となったドットゲーセン時代の作品を20数年ぶりにリメイクした3Dアクション。プレイヤーはスパイとしてビルに潜入し、各ステージを攻略していく。エレベーターを駆使して移動・銃や格闘で敵を倒しつつステージ内の赤い扉をすべて開け、その後「マルチでは全員そろって」脱出口に入ればステージクリア。

deluxe-5a.jpg

deluxe-8a.jpg

deluxe-4.jpg

 プレイ画像はこんな感じ。こちらPS3のグラフィックとなっております。

 ステージ毎に決められている制限時間は2・3分ほどで、敵にやられたり落ちたりすると少し手前のドア、場所によってはかなり手前やスタート地点のドアから復活する。復活に制限はないが、「マルチでは全員そろって」脱出口に入らないとステージクリアにはならないため、厳しめの時間制限がゴールできないプレイヤーにプレッシャーを与えてくる。ちなみに銃によるフレンドリーファイヤーは常時ONで、敵か味方かを問わず銃弾に当たると体力が1ゲージ分減るため足の引っ張り合いも起きたりする。また、敵が撃ってくる弾も上下に撃ち分けてきたり、特に後半は雨のように銃弾が飛び交うこともあるので、時には誰かが囮になったりもして(後ろにも注意しつつ)慎重に進む必要がある。

 ジャンプについては画像にある床の隙間をギリギリ超えられるくらいのジャンプ力だが、踏み切りに失敗して下に降りると即死する事がこのゲームの難易度をかなり引き上げている。例えば3枚目の画像で一番左のエレベーターの上でジャンプしている彼が右に歩いて「500」と書いてある所を通ったあと、誤って床の隙間から下の床に着地すると息絶えて、何食わぬ顔ですみっこの扉から出てくる。そんな虚弱な体でスパイが出来るのか?と言いたくなる素敵な仕様だが、よほど1階ごとが高いビルに見立てて作っているんだろうか。安全の観点からもエレベーターの利用を強く推奨しているシステムと言えるかもしれない。

 という感じで、安っぽい見た目に反して中身はかなりの死にゲーであるこれを3人で一喜一憂しながら進めていたわけです。最終的には全50ステージの本編をクリアしたが6-3だけはもう二度とやりたくない。お掃除ロボットもたいがいひどいギミックだったがゴリラのボディガードはそれにもまして絶許。PS3を持っていて苦行ゲーが好きな方はDLしてみてはどうでしょうか。

 エレベーターアクションの他にはトシさんのMHF内にて、ダンテの衣装に身を包み穿龍根でスタイリッシュに空中コンボを決めるツヨスの雄姿を拝んだりもした。段々モンハンもスタイリッシュな方面に舵を切り出してくれてるのは何よりだ。

○9/21(水)
 最終日。当初の予定では、この日は昼過ぎに五所を出発、青森へツヨスを送り届けたのち18時頃にでも仙台のコマさんちに着こうというくらいの手筈だったが、その辺の予定はトシさんの希望とエレベーターアクションのDLC両方を満たすために彼方へ追いやった(コマさんには事前に一報)。後くされのないくらいには楽しんだ反動として青森からの出発時間が18時頃になり、仙台のコマさんちに着いた時には23時を回っていた。もしかしたらこの日はMTGを一切触ってなかったかもしれない。
 次の木曜日はバリさんとも遊んで夜に小国に戻ったが、金曜に出勤した時には体がガタガタでまったく仕事にならなかった。ここの宮城での記憶はすでに先週末のBOX開封会の記憶と混濁気味なので、BOX開封の記事の時に思い出したら書くかもくらいに思ってる。


 以上、シルバーウィーク中にあった事の振り返りでした。改めて見ると長いなオイ!そしてまたもあふれ出る尻切れトンボ感。

 次はカラデシュのBOX開封会などをリポート予定。それでは!
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/458-5a980837
トラックバック
コメント
edhで石のような静寂はなかなか嫌らしいと思ってます。

ところで、収穫の魂を軽くみてるようなので分かち合う運命貼りますね…
もやしdot 2016.10.15 19:08 | 編集
ハリケーン先輩は強かった。
スカイシュラウドのこぶ背獣くんが久々に活躍し、こぶ背くんの強さについてH先輩と合意が得られたのが良かったです。
ブログ(DN)を爆破解体したのでリンク外しといてください(小声)
FMdot 2016.10.17 06:33 | 編集
今回はFMさんが主な対戦相手でしたね。また機会があればぜひよろしくお願いします。

ブログ見られないと思ったらやっぱり無くなってるじゃないか(悲嘆)復活したらまたリンクにぶち込むので、いつでも言って下さい!
サトdot 2016.10.17 23:14 | 編集
H君のコメントがなぜかトップに出てなかった・・・自分が見えてなかっただけなのか?

分かち合う運命がキマってからの永遠に終わらないかのような不思議な時間は実際かなり楽しかった、よく分からないけど今までのどの対戦でも味わった事の無い謎の感覚があったよ。ぜひまた味わいたいね(中毒)
サトdot 2016.10.17 23:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。