--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
01.22

ディスガイア3終了、そして・・・

Category: 雑記
 ツヨスとの電話で一念発起し、5年の歳月を経てついに攻略を終了した「魔界戦記ディスガイア3」の感想記事。

 感想に入る前に、いくらやり込みを肝にしたシリーズだとは言えオンライン主体のゲームでもないのに終了まで5年かかっている時点でものすごく間延びしている事が分かるだろう。途中で飽きてやってない期間があるのは明白で、実際にプレイしていたのはせいぜいが1年くらい。そこから導かれる結論は・・・もう言わなくてもわかると思う。ゲーム関連の話題では「ディスガイア3攻略しなきゃ」は割と身内の定番ネタと化していたほどだった。

 そんな経緯もあって批判的な感想が主になってしまってるが、相当量の主観を入れたものだという事を念頭に置いてどうかご覧いただきたい。


 本作は日本一ソフトウェアから出ているシミュレーションRPG「魔界戦記ディスガイア」シリーズの3作目。ストーリーはかなりざっくり話すと「魔王の息子マオが魔王の座を継承するために打倒父親を目指し行動する」という、過去作で言うと1といくらか似たストーリー。

 キャラについては主人公2人、マオとヒロイン兼ライバルのラズベリルはかなりキャラ立ってて正直2の主人公2人よりも好きだが、今作はそれ以外のキャラが多い、というより会話の人数バランスがあまり良くなかった気がする。魔界特有のツッコミ不在はいつもの事ながら、今回はまともなツッコミ役が気弱なアルマースくらいしかおらず、結局細かい事は気にするなのゴリ押し展開に陥りやすいのが顕著だったように思った。ただ、この現象はDLCのラズベリル編(マオが敵対し仲間にいない)である程度緩和されており、アルマースのツッコミ自体はかなり正確なため本編をやった人にはぜひラズベリル編もやってみて欲しい。上述の人数バランス改善もさることながら4話と短いが練られたストーリー展開で割合サクッとクリアできる。また過去作を知っていると色々嬉しい演出が多く、1のゲストキャラがご丁寧にも当時のままの衣装・顔グラで出直して来たときは感動すら覚えた。ぶっちゃけ本編よりもラズベリル編の方が面白いかもしれない(小声)

 システム的な追加要素については 「魔チェンジ」(魔物キャラが隣接した人型キャラの武器になり1ユニットとして合体、魔物側の能力値3割ほどが上乗せされる+専用技が使える)「魔ビリティー」(ポケモンで言う特性をマナで買ってキャラに付けられる)など数多くあるが、その中で特筆するほど便利だったのは「投げレシーブ」くらいだった(全ての魔物キャラに投げ範囲が設定され、魔物に向けてキャラを投げると自動で向いている方向に飛ばしてくれる)。今作では魔ビリティーもさることながら、凶室での配置や凶師の選択(誤字ではありません)・所属している委員会次第で変わる部分が多く、戦闘の前段階で組み立てるべき戦略が(理想の組み立てをすぐに把握出来ないくらいには)一気に増えた事でかえって煩わしさが増したように感じてしまった。じっくり戦略を立てて挑むタイプの人にはかなり好みの内容になったかもしれないが、もう少しシンプルでも良かったかな。

 肝心のやり込み要素については、やり込める要素自体はもちろん多いものの自分が途中で飽きているためさっぱり掘り下げていない。ここからは個人成績になるがキャラレベルがほぼ転生無しの7~8000レベル、裏面攻略はほとんどせず修羅界に至っては足を踏み入れてすらいない、更にこのシリーズのウリの1つであるマルチエンディングについてはやるのが面倒になりノーマルエンディング以外の全てをyoutubeの動画で補完、挙句の果てにはアイテム無限増殖バグを使用し育成要素を放棄するという邪道中の邪道行為を働いた上でのバール撃破という、舞台である魔立邪悪学園の中の表現を借りると非常に「優等生」的なクリア方法だった。ゲームデータを見ると総プレイ時間は意外と長く150時間程度やっていたものの、実質的には「ただ単に本編を一周した」という程度とさほど変わらないやり込み方で終了した。

 やり込み部分はともかく、総論として全体的に受けた印象をまとめると「あまり重視すべきでないものを必要以上に詰め込み過ぎた」というものが強かった。シリーズを続ける上で新しい要素は必要不可欠とはいえ、個人的にグッとくる内容が少なかったためにこういう感想になったのではと思う。過去作と基本やる事は同じなので飽きちゃったという事実を除いてもだいぶ批判的な感想になってしまったが、あくまでシリーズとして眺めての感想なのでシミュレーションRPGとして切り離して見れば十分満足できる出来なのは間違いない(デビルメイクライ2みたいなもんです)。あと、全体的にBGMは良かった。


 攻略不足も良いところでの終了とはいえ最後にプレイしたラズベリル編が良い区切りになりスパっと気持ちの切り替えが付いた事、しばらく起動自体を面倒臭がっていた据え置き機へのモチベーションもある程度回復できた事から、次のゲームに行こうと決心。次に攻略するのは「DEVIL MAY CRY 4 Special Edition」(PS4)の予定。PS4本体はずっと高いイメージがあったが、話に聞いたとおり3万ほどであっさり買えたためソフトも一緒に注文、今週火曜日に届く事になっている。しばらくはアクションを楽しめるだろう。まだエネステ出来てるといいな・・・。
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/463-4761e703
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.01.28 11:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.01.28 11:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。