2011
02.06

【MTG】デッキ紹介その3

カジュアルデッキ紹介3回目です。
デッキ:3色変異デッキ
テーマ:色々な変異クリーチャーを使ってみよう

個人的に使いたかったカード:
・スカークの騒ぎ屋/Skirk Alarmist
・夢彫り刀/Dream Chisel
・定員過剰の墓地/Oversold Cemetery
・現実を彫る者イクシドール/Ixidor, Reality Sculptor


構成要素(変異クリーチャーの内容については下記参照)

-クリーチャー-
変異クリーチャー(お好みで20枚ほど)
スカークの騒ぎ屋
現実を彫る者イクシドール
イクシドロン

-エンチャント-
定員過剰の墓地

-アーティファクト-
夢彫り刀
雲の鍵
精神石

-土地-



崩れゆく死滅都市


↓定員過剰の墓地(+スカークの騒ぎ屋)で使い回すクリーチャー↓

・最前線の策士/Frontline Strategist
 毎ターン濃霧/Fog。クリーチャーデッキに決まればほぼ勝ち。

・虚空魔道士の弟子/Voidmage Apprentice
 擬似エラヨウ。除去や火力が飛んでくるようなら意志を曲げる者/Willbenderでも良し。

・激浪計画の生き残り/Riptide Survivor
 このデッキの数少ないドローエンジン。手札回復と墓地肥やしを同時に行える良カード。

・塩水の精霊/Brine Elemental
 ピクルス。組み込むことは簡単だが、まわりくどい上に専用デッキを作ったほうが強い。

自己評価
 ソーサリーとインスタントを一切入れず、それらの役割を全て変異クリーチャーに一任させたデッキ。上記カードの他にもスカークの火山使い、生命を破滅させるもの、金属殻のカニなど表に出来れば強力なカード達を使いじわじわ盤面を制圧していく(のが理想)。

フィニッシャーは水銀のドラゴン/Quicksilverや沈黙の死霊/Silent Specterなど。クローサの雲掻き獣/Krosan Cloudscraperによる奇襲も面白い。

 作って回してみればわかるが、とても遅いデッキ。コストを減らせるとはいえ3マナ2/2の時点で非常にコストパフォーマンスが悪く、序盤は表向きにするマナを残しておく事すら難しいため、土地が並ぶまではチャンプブロックの繰り返しになりがち。

 2ターン目夢彫り刀、3ターン目夢彫り刀or精神石+変異と好スタートを切れたとしてもすぐ手札が尽きてしまうため後が続かない。マナの問題は騒ぎ屋、息切れは定員過剰が緩和してくれるがイマイチ安定性に欠ける。

 自分が作った最古のファンデッキ。正直とんでもなく弱いんだがそこが逆に愛着わく息子のような存在。
変異がんばれ!俺はいつでも応援しているぞ!Σd(`・ω´・+)ノ
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mtgdouzou.blog100.fc2.com/tb.php/9-cc0c6035
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top