--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
01.22

ディスガイア3終了、そして・・・

Category: 雑記
 ツヨスとの電話で一念発起し、5年の歳月を経てついに攻略を終了した「魔界戦記ディスガイア3」の感想記事。

 感想に入る前に、いくらやり込みを肝にしたシリーズだとは言えオンライン主体のゲームでもないのに終了まで5年かかっている時点でものすごく間延びしている事が分かるだろう。途中で飽きてやってない期間があるのは明白で、実際にプレイしていたのはせいぜいが1年くらい。そこから導かれる結論は・・・もう言わなくてもわかると思う。ゲーム関連の話題では「ディスガイア3攻略しなきゃ」は割と身内の定番ネタと化していたほどだった。

 そんな経緯もあって批判的な感想が主になってしまってるが、相当量の主観を入れたものだという事を念頭に置いてどうかご覧いただきたい。

続きを読む
Comment:3  Trackback:0
2016
11.13

小国の暮らし、冬目前

Category: 雑記
 最近起きたいろいろ。

・10月中旬、小国の黒沢峠で毎年行われる「CONNECT 2016」に手伝いで参加した。このイベントは山中にアーティストやDJを呼んで行う野外フェスみたいなもので、100~200人ほどがお客さんとして訪れる。有名なアーティストが来るわけではないし正直かなり人を選ぶタイプのイベントだが、人里離れた山中で野生開放したいという人には是非一度行ってみてもらいたい。

・「CONNECT 2016」の翌週には石巻の家族6人(祖父母・父母・兄妹)が総出で小国を訪れた。叶水にあるパークゴルフ場でコースを巡ってから小国駅近くの「つたや旅館」にチェックインし、夜は臭みのないモツ煮込みがおいしい焼き鳥屋「福一」・2階にある町内唯一のカラオケ屋「K」で飲み食い歌い、最後にハリケーン先輩と頻繁に訪れるオシャレバー「茶飯美(サハンビ)」で一杯引っ掛けた。小国のアパートからあまり足を伸ばさない範囲で出来るもてなしとしては中々に上等なプランを用意できたと自負している(余裕こいて予約取らなかったら貸し切りになってた店の話題はキャンセルだ)。青森市にいた時は一族郎党全員来られる機会は無かったのでだいぶ賑やかなものになった。

・職場で勧められたアプリ「麻雀格闘倶楽部Sp」を始めた。月何回か卓を囲むメンツと一緒に始めたので続けたいところなんだが、マルチは打牌や鳴きの持ち時間が一律5秒であるガチ仕様に早くも心が折れそう。自分の手だけならともかく相手の捨て牌まで眺めながらそんなに早く切れないよ・・・MTGもそうだけどやはり顔を突き合わせてじっくりやるのが一番だな!

Screenshot_2016-11-13-18-30-07a.png
 始めたて相手全員CPUのオフライン戦で成すすべなくボコられるとか調整不足やろこれぇ!(絶望)
Comment:0  Trackback:0
2016
09.25

石巻探訪 ~地元再発見の旅~ Part3

Category: 雑記
 最後の目的地「サン・ファン館」へ。

 サン・ファン館は今からおよそ400年前の慶弔時代に石巻市の月浦港からヨーロッパまでを往復した巨大なガレオン船「サン・ファン・バウティスタ号」を擁する観光施設。伊達政宗の腹心・支倉常長(はせくら つねなが)率いる外交使節団が乗船した。ちなみに「サン・ファン館」というのは愛称で、正式名称は「宮城県慶長使節船ミュージアム」。小・中学校の頃見に行って以来、パンフやポスターでたまに見る機会はあれど足を運ぶことはなかった場所へ、兄を連れて訪れた。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2016
08.31

石巻探訪 ~地元再発見の旅~ Part2

Category: 雑記
 第二の来訪地「田代島」へ。小学生の頃には毎年町内会のイベントで釣りに行っていたものの、それ以降は訪れる機会も無かった場所。今は猫だらけの島としてネットでいくらか有名になった場所だという事もあり、ちょっと行って来た。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
08.21

石巻探訪 ~地元再発見の旅~ Part1

Category: 雑記
 職場やそれ以外の色々な出身の人と離していくにつれ、かねてから自分の住んでいた出身地の事にもう少し詳しくなりたいと思っていたので、盆休みに石巻に里帰りした際、手始めに石巻市付近で過去に訪れた事のある所を巡ってきた(平日は誰一人遊んでくれる人がいなくて暇だったというのもあるけど・・・)。

 3日に分けて3箇所を回った事を1つの記事にしようと書いてたが(案の定)長くなったので、3部作としてそれっぽい統一タイトルを付けつつ、この記事では最初に訪れた「女川駅」の現在の様子と見て来たものを記す。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。